繰り返しできるニキビをなんとかしたい
「ニキビ跡」でお悩みの方へ

ニキビ跡の原因

ニキビ跡の原因とは?

「ニキビが治まっても赤みがひかない」、「凹凸クレーターになってしまった」、「色素沈着を起こしてシミになってしまった」といったさまざまなニキビ跡のケースがありますが、いずれもニキビ跡になる原因は同じです。

炎症した赤ニキビが悪化すると、その炎症は皮膚の深い部分に位置する真皮層から皮下脂肪層にまで及び、そこに紫外線があたったり、指でつぶしたりといった強い刺激が加わると肌の奥の真皮層までダメージを受け、変性を起こしたり、異常なコラーゲン産生がされてその結果、色素沈着や赤みが残ったり、皮膚が凹凸してクレーター状となったりします。これがニキビ跡です。

ニキビ跡ができる流れイメージ

凹凸ニキビ跡が形成されるメカニズム

  • 1皮膚は表皮、真皮、皮下組織からできています。 さらに表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層からなります。基底層は、新しい基底細胞を作っており、通常28日周期でお肌が入れ替わります。

  • 2お肌の入れ替わり(ターンオーバー)のサイクルが何らかの原因で乱れてくると角栓が形成されます。角栓が形成されると皮脂が詰まりやすくなります。

  • 3次第に皮脂と角質が毛包内に埋もれ毛穴が塞がった状態の白ニキビや、毛穴が開き皮脂が酸化した状態の黒ニキビができます。毛穴に詰まった皮脂に細菌が繁殖すると炎症が起き、赤く腫れ熱を帯びた赤ニキビへと悪化します。

  • 4炎症がさらに悪化し、リパーゼの作用が働くと、毛包壁が破壊され炎症が周囲の組織に波及します。破壊された部分にはたくさんの炎症細胞(マクロファージやリンパ球)が集まってきます。その結果、コラーゲン組織の変性や異常増殖、緻密化がおこり、真皮内に瘢痕が作られ拘縮を起こします。この瘢痕の広がりによっていわゆる「クレーター・アクネスカー」と言われる皮膚の凹凸ができます。

ニキビ跡が形成されるメカニズムイメージ

ニキビ跡の種類

あなたのニキビ跡はどのタイプ?

治療にあたっては、まず、ニキビ跡のタイプを見極めることが大切です。
凹凸ニキビ跡は、以下のタイプに分類できます。

人物イメージ

ニキビ跡の種類

  • ローリングタイプ

    真皮が筋膜に癒着しているタイプ。開口部が4mm以上と広く、緩やかな陥凹で丘のようにうねり、平らな部位が少ないニキビ跡です。

  • アイスピックタイプ

    真開口部が2mm以下と狭く、真皮よりさらに深く達するニキビ跡です。

  • ボックスタイプ

    陥凹底が平坦で、円形のニキビ跡です。浅いボックスタイプ(Shallow box)、深いボックスタイプ(Deep box Type)に分類されます。

  • 赤み・色素沈着タイプ

    ニキビなどの炎症が治まった後にできる赤みや色素沈着です。放っておくと治るものもあれば、炎症が深層にまで及んでいて治りにくいものもあります。

※ヨーロピアン・アクネ・グループ(The European acne group (ECCA))では、ローリング型を「W-shaped」、アイスピック型を「V-Shaped」、ボックス型を「U-shaped」と分類しています。

その他の分類方法

凹凸ニキビ跡は炎症の深さ、広がりで分類されることもできます。以下は、炎症の深さ、広がりによる分類です。

  • 浅斑状瘢痕

    浅斑状瘢痕イメージ

    浅く小さな広がりのタイプ

  • 深真皮瘢痕

    深真皮瘢痕イメージ

    深く広い広がりのタイプ

  • 毛包周囲瘢痕

    毛包周囲瘢痕イメージ

    毛穴が広がるタイプ

  • 脂肪組織の萎縮

    脂肪組織の萎縮イメージ

    脂肪が萎縮するタイプ

ニキビ跡の治療

凹凸ニキビ跡を治すための4つのポイント

人物イメージ 凹凸タイプのニキビ跡は、その広がり方、深さ、発症部位などから、さまざまなタイプに分類され、そのさまざまなタイプが、肌の上で複雑に交じり合っています。そのため、安易な画一的治療では治すことができません。また、タイプにより瘢跡が形成されている層が異なるため、ニキビ跡の症状、肌質(皮膚の厚さ)に応じた治療が必要となります。
また、損傷は肌の深層にまで及ぶため表皮に作用する治療のみでは効果を望めません。レーザーなどによる皮膚の深い部分の治療も、単独で行うのでは効果に限界があるので、一人ひとりの症状や肌質に合わせて複数の治療を組み合わせた「複合治療」を行うことがニキビ跡を治療する最良の方法となります。複合治療をする際は、以下4つのポイントを押さえて治療を行うのがおすすめです。

  • 角質改善

    角質を薄くして皮膚のターンオーバーを促進させる
    ★角質改善はピーリング治療!!

  • 痕跡治療

    ニキビ跡を改善して皮膚を柔らかくする
    ★根本治療は肌入れ替えレーザー治療!!

  • コラーゲン産生

    コラーゲンなどの結合組織を増やし正常な肌へ改善
    ★コラーゲン産生は高周波治療!!

  • ターンオーバー 正常化

    皮膚のターンオーバーを正常化し、ニキビ跡の角質を外へ追い出し皮膚を綺麗な肌へと入れ替える

角質イメージ

ニキビ跡に効くオススメ治療

  • 『フラクセル』

    凹凸ニキビ跡や色素沈着ニキビ跡治療に効果的な肌入れ替えレーザー治療

  • 『アンコア(ブリッジセラピー)』

    深い凹凸ニキビ跡に抜群の効果を発揮する肌入れ替えレーザー治療

ニキビ跡治療法を詳しく見る
 
治療法
ダウンタイム
痛み
適用
主治療 フラクセルⅢ デュアル
(フラクセル コンビネーション)
3
3
ダウンタイムは1週間ほど。治療中の痛みもあるが、一度の治療効果も大きい。『フラクセルⅡ』と『フラクセル1927』の治療効果を兼ね備えており、凹凸ニキビ跡、色素沈着が混在する肌の治療に最適。
フラクセルⅡ
2
2
ダウンタイムが比較的少ない。表皮に傷をつけずに皮膚の入替えが行え、皮下組織の瘢痕を改善できる。深いスカーの場合は、『カーボメット』との複合治療がおすすめ。
アンコア
(ブリッジセラピー)
3
3
『フラクセル』よりも強く肌の奥深くまで作用するため、ダウンタイムも強く出るが、深い凹凸タイプのニキビ跡には、抜群の効果を発揮する。治療期間が短縮可能。
補助治療 カーボメット
1
1
『フラクセルⅢ デュアル』『フラクセルⅡ』の効果を最大限まで高める補助治療としておすすめ。
ベビーピール
1
1
基底層までのピーリング。AHA、BHAを使用。浅いニキビ跡に適応。
トリクロロ酢酸ピーリング
1
1
真皮乳頭層までのピーリング。TCA(トリクロロ酢酸)を使用。アイスピックスカーなどの深いニキビ跡に適応。
レーザーピーリング
1
1
『MAXレーザーピーリングⅠ』、『MAXレーザーピーリングⅡ』を使用し、基底層までの肌の改善を図る。浅いニキビ跡に適応。
トレチノイン療法
(レチン療法)
1
1
ピーリング効果とコラーゲン増大作用が主。
サーマクール
1
1
コラーゲンその他結合組織の産生力が高い。フラクセルの補助治療として効果的。
ダーマローラー
2
3
ダウンタイムは中程度。こめかみのニキビ跡に効果が高い。

※ダウンタイム…施術後に起こる腫れやアザが回復するまでの期間のこと。

※ダウンタイムや痛みには個人差があります。

カウンセリングをご希望の方へ

無料カウンセリング

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。