肝斑は30代から多く見られはじめ、他のシミと混在している場合、判別がつきにくい種類と言えます。肝斑を治療する場合、専用機器以外のレーザー治療では刺激が強く、ダメージを受けやすいので注意が必要です。ここでは、慎重な判断が求められる肝斑への理解を深め、最適な治療を受けていただけるように、その原因や傾向、治療法についてご紹介いたします。