二の腕や背中のぶつぶつ肌を綺麗にしたい
「毛孔性苔癬(角化症)」で
お悩みの方へ

毛孔性苔癬(角化症)の原因

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは?

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは、毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とも言われており、二の腕や背中、太もも、ふくらはぎ、お尻などの肌表面にぶつぶつができる皮膚疾患のことです。
痛みなどはなく健康面において影響するものではありませんが、肌を露出する際に目立つため、これらの症状で悩まれている方は多いようです。

傾向としては若い世代や肥満気味の方、敏感肌の方によく見られ、発症率は50%と非常に高くなっています。遺伝的要素が強いことから年齢とともに治る傾向がありますが、30代から発症する方もいれば、40代、50代になっても消えない方もいるようです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)イメージ

発症する原因とは?

従来であれば、お肌はターンオーバーのサイクルで、古い角質は剥がれ落ちていきます。しかし、その過程になにかしらの異常が生じ、古くなった角質が毛穴周辺に溜まっていくと、部分的に厚みができて膨らみ、ぶつぶつしたお肌になっていきます。これが毛孔性苔癬の原因とされています。
ニキビの原因に似ているところがありますが、大きく異なる点としては、細菌が繁殖して炎症を起こしているわけではないため、痛みやかゆみなどの自覚症状がないところです。
ニキビか毛孔性苔癬かどちらか分からないという方は、以下の毛孔性苔癬チェック表で3項目以上当てはまるか確認してみましょう。
※あまり該当しなかった方はニキビの可能性があるので、「ニキビ白書」をご覧ください。

毛孔性苔癬チェック表

  • 二の腕や太もも、背中、お尻などに発生している
  • 敏感肌でアトピー体質である
  • 該当部位の肌表面にぶつぶつが出来ている
  • 肥満体質である
  • かゆみや痛みがほとんどない
  • 年齢が10代~30代である
  • 家族に毛孔性苔癬にかかっている人がいる

毛孔性苔癬(角化症)の治療歴史

  • 塗り薬による治療

    一般的な治療は、肥厚した角質を除去するというもので、サルチル酸や尿素が含まれた軟膏を塗り、皮膚を軟らかくするというものでした。しかし、その効果は非常に乏しく、効果が得られたとしても薬の使用をやめると症状が元に戻り、根本的な治療には遠く及びませんでした。

    塗り薬による治療イメージ
    矢印
  • ピーリングによる治療

    その後、美容医療においてケミカルピーリングが行われるようになりました。ピーリングは角質を薄く取っていくというものなので、塗り薬よりはある程度の効果が得られるようになりましたが、非常に長い治療期間が必要な上、高い効果はなかなか得にくい特徴がありました。

    ピーリングによる治療イメージ
    矢印
  • レーザーによる治療

    そこで登場したのがレーザーによる治療法です。これまでの経過から、毛孔性苔癬は従来のような皮膚表面に対する治療だけでは大きな効果を期待できないため、奥深くから肌を改善させる治療として登場しました。これらの治療により塗り薬やピーリング治療よりも最短で治療することが可能となりました。

    レーザーによる治療イメージ

毛孔性苔癬(角化症)の改善

毛孔性苔癬は美容医療と外用療法による複合治療で最短治療を!

毛孔性苔癬治療には、ダントツでレーザー治療が効果的ですが、外用療法を組み合わせることでさらに高い治療効果が期待できます。
塗り薬やベビーピールにより肌表面を柔らかくすることで、レーザー治療の効果が肌に浸透しやすくなり、かつレーザー治療後の敏感になった肌を守る働きもあります。

早期解決をしたい方や目に見える効果が得られず長年悩まれている方には、ぜひ複合治療をおすすめします。

人物イメージ

毛孔性苔癬(角化症)に効くオススメ治療法

  • 『毛孔性苔癬フラクセル』

    肌入れ替え効果でぶつぶつ肌を滑らか肌へと生まれ変わらせるレーザー治療

毛孔性苔癬治療法を詳しく見る

カウンセリングをご希望の方へ

無料カウンセリング

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。