元に戻らない刻まれた小ジワを消したい!
「シワ」でお悩みの方へ

シワの原因

シワの4大要因

加齢とともに気になってくるのがお顔の「シワ」。放っておくと徐々に刻まれ次第に深いシワとなっていきます。シワの原因はさまざまありますが、大きく分けて4つの要因があげられます。シワの原因やメカニズムについて正しく理解し、適切な対策や改善を行い、早期解決を図っていきましょう。

シワの原因イメージ
  • 加齢や紫外線、乾燥による肌老化

    私たちのお肌は日々、真皮層内でコラーゲンやエラスチンが生成してハリや弾力を保っていますが、加齢や乾燥・紫外線によってそれらが劣化・減少し、肌のハリや弾力が失われていくと、徐々に表皮を支えられなくなってきます。

  • 乾燥による肌保水力の低下

    お肌が乾燥すると、お肌を保護しようと角質が徐々に厚くなっていきます。そして柔軟性が失われていくとお肌が固くなり、肌表面の角質層が乾いてはがれやすくなります。そうすると、皮膚の隙間から水分が蒸発し水分を保つ機能が損なわれていき、柔軟性を失った表皮にはシワが刻まれていきます。

  • 表情癖の習慣化

    肌の真皮層が弾力を失い、乾燥したり顔の筋肉が老化してくると、笑ったり怒ったり表情を作る時にでるシワが癖となって元に戻らず刻まれていきます。特に目尻や眉間、おでこやあごなどによく見られます。

  • 過激なダイエット・脂肪組織の老化

    急激なダイエットした後の皮膚のシワや、脂肪組織や筋肉繊維の老化によるシワは戻りにくく、加齢とともに重力に耐えられなくなった繊維がずり落ちてきて、やがて深刻な「たるみ」へと発展していきます。

シワのメカニズム

きめ細かいお肌とはどのような状態を指すのか?

肌表面には「皮溝(ひこう)」という細かい網目状の溝と、その溝で囲まれた「皮丘(ひきゅう)」という小さな盛り上がりがあります。そして、皮溝と皮丘によりできた模様のことを「皮紋(ひもん)」と呼びます。 これらが肌のキメを 構成しており、より皮溝が浅く細かく、皮丘の大きさや高さが均一に整っているほど、きめ細かい美しいお肌となります。 若いうちは皮紋は細かく均一のためシワは現れませんが、加齢とともに徐々に皮紋が荒くなることでシワが現れてきます。

肌の皮紋(ひもん)の状態イメージ

シワの種類

シワは皮膚層と密接な関わりがあります!

皮膚は3つの層からなっており、肌表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」に分けられます。シワの各層によってシワの種類が異なり、「表皮性ジワ」、「真皮性ジワ」、「たるみジワ」、そして「表情ジワ」の4つに分けられます。

  • 表皮性ジワ(ちりめんジワ、乾燥ジワ)

    表皮性ジワイメージ

    表皮に現れる浅くて細かいシワのことで、最大の要因としては角質層の水分不足や水分保持機能の低下があげられます。お肌の角質層の水分保持機能が低下すると、皮膚は乾燥して表面が委縮し、皮溝と皮丘の幅が広がり、皮紋が不規則な網目状となって肌のキメが荒くなりちりめんのようなシワができます。

  • 真皮性ジワ(小ジワ)

    真皮性ジワ(小ジワ)イメージ

    V字型に陥没した深いシワで、最大の要因としては弾力あるお肌を作り出す真皮層の衰えや、加齢や紫外線などによる皮膚の弾力構造の崩れなどがあげられます。肌表面をいくらケアをしても肌の深い層まで症状が及んでいるので、皮膚組織自体への治療を行う必要があります。

  • 表情ジワ

    表情ジワイメージ

    顔面の筋肉の収縮によって起こるシワのことで、本来であれば筋収縮が戻れば消えるシワです。しかし、いつも同じ場所に収縮が起こると真皮内のコラーゲン線維や弾力線維の老化とともに、元に戻らなくなり深いシワ(真皮性ジワ)となります。

  • たるみジワ(ほうれい線、ゴルゴじわ)

    たるみジワ(ほうれい線、ゴルゴじわ)イメージ

    お肌のたるみによってできるシワで、従来であればお肌の皮膚や脂肪が垂れないようにしっかりと繊維が固定されていて変形しても元に戻ります。しかし、これらの機能が加齢や紫外線、筋肉老化などより衰えてくると、皮膚は自らの重みを支えきれずに下方へと位置がずれてたるみジワとなります。

シワの対策

シワの種類により対策が異なります。あなたのシワに合わせた対策を!

シワは種類によって原因が異なるので、それぞれの症状に適した対策を取りましょう。

  • 表皮性ジワ対策

    保湿ケアでしっかりと乾燥対策!

    丁寧なスキンケアはもちろん、加湿器を使用したり、保湿成分を多く含むフェイスミストを使用したりして、お肌を乾燥から守りましょう。表皮性ジワは、角質層の水分保持機能を正常に戻すことによって予防することができます。

  • 真皮性ジワ対策

    健康的な食生活や生活習慣で細胞を元気に!

    真皮性ジワは、表面的なケアだけでなく、内側から細胞を元気に保つことが重要です。細胞が元気であるためには、細胞の活性化をサポートするビタミンCや各種アミノ酸、ミネラルなどを補給しましょう。不足しがちな場合はサプリメントもおすすめです。

  • 表情ジワ対策

    表情癖を緩和させる努力を!

    イライラして眉間やおでこにシワを寄せていないか、歯を食いしばっていないかなど、マイナスな表情癖は普段の生活からしないように心がけていきしましょう。早期段階であれば、意識をして表情癖をなくしていけば、徐々に緩和されていきます。

  • たるみジワ対策

    フェイササイズでたるみ予防!

    お顔を適度にマッサージをしたり意識的に表情筋を動かすことで、筋肉老化や肌のたるみ予防をしましょう。ただし、やりすぎは禁物!過度な刺激は、新たなシワや表情ジワなどの原因にもなるので、毎日少しずつ行うことをおすすめします。

シワの改善

美容医療で浅いシワも深いシワも早期治療!

人物イメージ 日頃のケアも大切ですが、シワは加齢とともにどうしても発生してしまうもの。出てきたシワはなかなか消えにくいので、日頃のケアだけではカバーしきれません。
しかし美容医療なら、浅いシワも深いシワも早期解決が可能です!シワ治療は、真皮層を内側から若返らせるだけでなく、たるみやシミ・色素沈着など、そのほかのお肌トラブルも合わせて改善できるものもあれば、エステに通う感覚で受けられるもの、即効性の高いものもあり、シワの症状や好みに合わせた治療ができます。

シワに効くオススメ治療

  • 表皮性ジワ治療『レーザータイトニング』

    レーザー照射で皮膚の収縮を高め、コラーゲン増産で肌の内側から引き締める治療

  • 真皮性ジワ治療『リデンシティーⅠ』

    10種類以上の美容成分を含むヒアルロン酸を注入して皮膚の再構築を促進させる治療

  • 表情ジワ治療『ボトックス』

    筋肉発達を緩和させる薬剤を気になる部位に注射することで、表情ジワを解消する治療

  • たるみジワは『たるみ治療』で解決!

    たるみ治療法を詳しく見る

シワ治療法を詳しく見る

カウンセリングをご希望の方へ

無料カウンセリング

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。