フェイスラインやあご下に垂れ下がるまで進行したたるみには、これまで主に糸治療が用いられてきました。糸治療は確実な効果が得られる優れた治療ですが、ある程度の腫れや内出血を伴うため、お忙しい方からは受けづらいというお声もありました。 しかし現在では、効果的な治療を組み合わせることで、腫れや内出血などを極力抑えつつ、たるみ改善に大きな効果を得ることが可能になりました。周囲にばれずに重度のたるみを解消する、画期的な複合治療をご紹介します。